父の好み

ベートーベン
実家に来ているので、両親の意見を聞きつつブログを更新していきます♪  私も大好きな曲だけれど、クラシック好きな父のお勧めのピアノ曲はベートーベンの月光や、ショパンの雨だれ、などなど・・・。 どっちかって言うと暗い曲が好きなのかなwww  雨だれは真夜中の修道院を蝋燭をもった修道女達が行進するイメージだし、別れのバラードみたいな曲が大好きな私に通じるものがありそうだなぁwww  そういえば父も涙もろくて、テレビみながらグスグスしてる事あるし、そこも私と似てる・・・。  遺伝おそるべし

母の好きな曲

昔から母が言っている事だけれど、自分がこの世を去るときには、ウィーン少年合唱団の天使の歌声を聴きながら旅立ちたいそうだ。  ピアノの旋律に合わせて、変声期前の少年のソプラノはまさに天使そのものって感じがけれど、その後の合唱団の子供たちってどうなるのかな???  音楽の道に進むのか、全く違う道に進むのか・・・。  栄誉ある事だとは思うけれど、ちょっと残酷な気もするなぁ

人それぞれ

音楽って不思議。  例えば同じ楽譜を見ながら弾くピアノだけど、演奏するピアニストによって全然違って聞こえる。  歌もそうだよね。  音楽って人それぞれの個性が強くでるものだからね。  好きになる音楽も、自分のフィーリングと合うって事が一番で、クラシックが好きな人もいれば、ロックやヘビメタが好きな人もいれば、カントリーだったり、演歌だったり、ポップスだったり。  同じジャンルの中でも、演奏方法だったり、声だったり、自分が一番リラックス出来たり、共感できるアーティストを選ぶもんね。  自分に一番合った音楽を楽しむことは幸せなこと~